ふじみ野市上福岡駅の審美歯科 | あけのほしデンタルクリニック | 日曜診療
HOME>当院の審美歯科

当院の審美歯科

審美歯科のポイント
根の治療
イメージ審美歯科治療の場合 根の治療をすることが多くなります。
その場合 通常リーマーという針の様な器具で神経や感染した部分を取り除いていくのですが、根の形態は非常に複雑です。
当院では、それに加えて超音波器具を駆使して、根の治療の精度を上げています。
根の治療は土台に当たる部分で、この治療が不十分だといくら高価なセラミックを入れても長持ちしません。
②	印象時のティッシュマネージメント

イメージティッシュマネージメントとは歯肉からの出血の制御のことをいいます。
審美歯科治療では歯肉縁下まで歯を削りますので出血を伴うことが多くなります。
不完全なティッシュマネージメントだと形成したマージン(削った部分と削っていない部分の境)が正しく印象されず、その結果、適合の不良なセラミックが出来あがってしまい審美性が大きく低下してしまいます。
当院では硫酸鉄20%の滲出抑制ジェルを特殊な使い捨てチップを使い、ティッシュコンディショニングを行っています。
このチップはジェルを毛細血管内に刷り込み、栓をします。
先についているブラシで処置部をきれいにしながら明確な印象面を作り出します。
セラミックのセット時に接着精度を上げる為に使用する時もあります。

問い合わせ